九州の女性は情熱的。お相手の風俗嬢は肌のなめらかさで85点

九州の女性というと、どういうイメージでしょうか?

私の場合、九州、沖縄には出張でよく出かけるのですが、総じて言えるのはやっぱり情熱的ってことじゃないでしょうか?

情に厚いというか、そんなイメージがあります。

プレイももちろんこれは個人差が大きいのですが、自分で積極的に楽しみたいっていうタイプが多いような気がします。

先日、都城に出張に行った時にお願いした人妻系デリヘルの風俗嬢もそういうタイプの方でした。

年齢は34歳(自称)。

たしかにそれくらいかな?と思ったり、もうちょっと若いかな?と思ったり。

でも自分で年上に逆サバを読むというタイプもいないでしょうから、おそらく自己申告通りの年齢なんだと思います。

で、その方でもっともよく覚えているのが、肌のなめらかさ。

風俗嬢の場合、やっぱりルックスとスタイルが一番重視されるのは、当然だと思います。

ネットでホームページチェックをして、どの娘を指名しようかと悩む時も、やっぱり見た目重視ですからね。

まあ、それ以外のスペックは選びようがないですけど・・・

彼女は、ルックスは中の上というレベル。

美人とまでは言えないですけど、男好きのするルックスっていうんでしょうか?

年齢並にボディにはそれなりのたるみがあるものの、70点はつけられる出来でした。

でも特筆すべきは、その肌のなめらかさ。

吸い付くような肌とはよく昔の人は言ったもので、本当にすべすべでいつまでもほおずりしていたいような感覚。

だから総合では85点をつけたいと思います。

この記事は人妻系風俗嬢の気持ちよさに投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントとトラックバックは現在受け付けていません。